beatmania ボタン修理について

かにかにクラブ > beatmania楽譜集 >
1st 2nd 3rd comp1 4th 5th comp2 club dct core 6th 7th final   III IIIcore IIIap6 IIIap7 IIIfinal   ALL-SP ALL-DP

三和電子製 音楽ゲーム用ボタン 黒三和電子製 音楽ゲーム用ボタン 白
これが beatmania で使えるボタン。(三和電子から)
これを丸ごと買うとなると、
2012年1月現在、1個あたりの値段が
 黒 2205円 (商品番号 OBSA-45UK-K-LED-R-12V)
 白 1848円 (商品番号 OBSA-45UK-W-LED-R-12V)
なので高価。

オムロン製 マイクロスイッチ
この中の、スイッチの部分だけを交換するなら、
1個あたりの値段がたったの 178円 で済ませられる。
(サンワ商品番号 MS-O-3) (オムロン形式番号 V-10-1A4)

このスイッチを、ジョイスティック用のものを改造して流用する方法を紹介。
ジョイスティックを使うゲームを一緒に置いているゲーセンにおススメ。
従来型の『マイクロスイッチタイプ』のジョイスティックを前提としている。

セイミツ工業製 音楽ゲーム用ボタン 旧型ランプホルダーセイミツ工業製 ジョイスティック マイクロスイッチタイプ
(左の写真は、一番上の写真のものから、コンパネに取り付けた時にユーザーに見える部品を取り外した状態)
これらのマイクロスイッチは特にゲーム専用ではなく、工場の機械など、色々な場面で使えるように開発されたものを流用しているので、基本構造は一緒。

オムロン製 小型マイクロスイッチ ピン押ボタン形オムロン製 小型マイクロスイッチ ヒンジ・レバー形
左が、beatmaniaで使われているスイッチ。
右が、ジョイスティックで使われているスイッチ。
「ツノ」の有無しか違いがない。
「ツノ」を折ってしまえば同じもの
厳密には、定格アンペア、耐熱温度、動作に必要な力の強さなどのバリエーションがあるが、キニシナイ。

改造前改造中改造後
元はコレ逆に曲げたり戻したり折れたら完成

針金を曲げたり伸ばしたりするとそこで折れるのと同じ要領で、
「ツノ」を、ラジオペンチなどで、逆方向へ曲げたり元の方向へ戻したりを繰り返せば、折ることができる。

(参考)端子について

画像を良く見るとわかるとおり、端子が 2本のタイプ と 3本のタイプ がある。

双投形常閉形常開形
双投形常閉形常開形
COM (common) は、必ず GND につなぐ。
NC (normaly close) は、ボタンを押していないときに ON にしておきたい入力につなぐ。
NO (normaly open) は、ボタンを押しているときに ON にしておきたい入力につなぐ。

beatmaniaでは、双投形または常開形どちらでも使える。
つなぐ端子は、COMNO の2本。

写真や画像は、一部を除き、
『三和電子株式会社』
 三和電子株式会社 楽天市場支店
『セイミツ工業株式会社』
 ジョイスティック
『オムロン株式会社』
 小形基本スイッチ 形V
から勝手に拝借/改造しました。

(C) 2000-2017 KANIKANI