beatmaniaIII FD の取り扱いについて

かにかにクラブ > beatmania楽譜集 >
1st 2nd 3rd comp1 4th 5th comp2 club dct core 6th 7th final   III IIIcore IIIap6 IIIap7 IIIfinal   ALL-SP ALL-DP

beatmaniaIIIシリーズで使用できるFD(フロッピーディスク)の取り扱いに関する情報をまとめた。

FDプレイ
FDを、モニターの真下にあるスロットに入れて、スタートする。
ゲーム終了の時に、ゲームの詳細な成績がFDに記録される。

FDプレイをやり込むことにより、「sozaiモード」等の特典もある。
FDに保存されるデータ
ゲーム終了時に記録されるファイルは以下のとおり。

各バージョン独自のファイル名
●BM31.DAT : IIIのシステムデータ。次回のプレイで再度使用される。絶対に壊してはいけない。
●BM32.DAT : IIIcoreのシステムデータ。次回のプレイで再度使用される。絶対に壊してはいけない。
●BM33.DAT : IIIap6のシステムデータ。次回のプレイで再度使用される。絶対に壊してはいけない。
●BM34.DAT : IIIap7のシステムデータ。次回のプレイで再度使用される。絶対に壊してはいけない。
●BM35.DAT : IIIfinalのシステムデータ。次回のプレイで再度使用される。絶対に壊してはいけない。
全バージョン共通のファイル名
●BASIC1P.TXT : kobakoモード×シングルプレイの成績データ。
●BASIC2P.TXT : kobakoモード×2Pダブルプレイの成績データ。
●BASICDP.TXT : kobakoモード×1Pダブルプレイの成績データ。
●HARD1P.TXT : shikomiモード×シングルプレイの成績データ。
●HARD2P.TXT : shikomiモード×2Pダブルプレイの成績データ。
●HARDDP.TXT : shikomiモード×1Pダブルプレイの成績データ。
●EXPERT1P.TXT : tsunagiモード×シングルプレイの成績データとインターネットランキング用パスワード。
●EXPERT2P.TXT : tsunagiモード×2Pダブルプレイの成績データとインターネットランキング用パスワード。
●EXPERTDP.TXT : tsunagiモード×1Pダブルプレイの成績データとインターネットランキング用パスワード。
(IIIap7,IIIfinalではインターネットランキングは開催されておらずパスワードは記録されない。)

なお、記録上は、
sozaiモードは、shikomiモードとして扱われる。
バトルプレイは、ゲームスタートする時に使用したスタートボタン側の、シングルプレイとして扱われる。

また、
1Pダブルバトルプレイは、譜面が全然違うにもかかわらず、1Pダブルプレイとして扱われてしまうので、
このプレイスタイルをやるなら、専用のFDを用意することをおすすめする。
FDのバックアップ
紛失などに備えてデータをコピー(バックアップ)することができる。
IIIの場合
ディスクをまるごとコピーすること。
ディスクの中のファイルだけをコピーしても、不正なデータと扱われて使用できない。
注意
Windows95,Windows98,WindowsMeでバックアップ可能
Windows以前のMS-DOSでバックアップ可能
WindowsNT,Windows2000,WindowsXP,Macintosh等ではバックアップ不可
その他のOSは(たぶん)バックアップ不可
まるごとコピーしても不可になってしまうOSは、コピーの際にOSが勝手にファイル情報に余分な情報を付加してしまうせいで、ゲーム機が改変データとして識別してしまうため。
IIIcore,IIIap6,IIIap7,IIIfinalの場合
それぞれのバージョンに対応したシステムデータファイル「BM32.DAT」,「BM33.DAT」,「BM34.DAT」,「BM35.DAT」をコピーすればよい。

余談であるが、システムデータファイル「BM3〜.DAT」が壊れてさえいなければ、ファイル「〜.TXT」を消去したり、ゲームに全然関係がないファイルやフォルダを追加で書き込んでも、問題なく次のゲームの際に使用できる。
ただし、余計なファイルやフォルダを追加する場合、次のプレイの結果が記録される際に、空き領域が足りなくて記録できない、などということにならないように注意。

旧作からのFDデータの継承
旧作のFDを継続して使うと、初プレイ時のみ、過去の成績を継承できる。
FDの中に複数の旧作のデータがある場合は、新しいソフトのデータが優先。
旧作のデータはそのまま残り、再び旧作で継続使用は可能。
ただし、記録更新しても、そのゲーム用のデータのみが更新されて、その他のは更新されない。

また、ファイル「〜.TXT」はどのバージョンでも同名であるため、それぞれの「〜.TXT」をとっておきたい場合は、前回と異なるバージョンをプレイする際には、事前にそれらをコピーしておくこと。

IIIfinalではプレイオプションの名称の変更にともない、各曲のクリアしたオプションの情報のそれも変更される。
●旧「HISPEED 1」→新「HISPEED X1.5」
●旧「HISPEED 2」→新「HISPEED X2.0」
●旧「HISPEED 3」→新「HISPEED X4.0」
●旧「HIDDEN+SUDDEN」→新「STEALTH」

FDのフォーマット
FDは市販のものを使用できるが、ゲームに使用するにはそれがDOS/Vの記憶容量1.44MBの形式でフォーマットされている必要がある。
「DOS/V用」または「Windows用」と書いて売られているものなら、フォーマットの作業をせずにそのまま使用可能。
上記以外(「アンフォーマット」,「Macintosh用」,「PC-98用」等)なら、フォーマットをしなければいけない。

フォーマットをする方法は、パソコンのWindowsの「フォーマット」をそのまま使うだけでよい。

FDを販売しているメーカーのページへのリンク
イメーション(生産終了)
(以前に紹介していた ソニー 富士フィルム マクセル 三菱化学メディア は販売も終了)

Windowsの「ドライブのエラーチェック(スキャンディスク)」を使用する際の注意
「エラーを自動的に修復」は使用しないこと。

ゲーム機では問題なく使用できるデータが、スキャンディスクでは壊れていると識別されることがある。
この現象がシステムデータファイル「BM3〜.DAT」で起き、このファイルにスキャンディスクによる修復を実行してしまうと、ゲーム機が改変データとして識別してしまい、使用できなくなる。
そのファイルでなければ気にせず修復してもかまわない。
もしエラーメッセージに「BM3〜.DAT」が書いてあったら
IIIの場合
「無視」または「キャンセル」する。
次回のプレイで問題なく使えたならそのまま継続して使う。
使えなかったなら、前回のバックアップに成功したデータまたは新規のデータからやりなおし。

IIIcore,IIIap6,IIIap7,IIIfinalの場合
「無視」または「キャンセル」する。
該当するファイルをいったん別の場所にコピーして、それを元のFDにコピーする。
再びエラーチェックしてもそのファイルのエラーは出ない。
次回のプレイで問題なく使えたならそれを継続して使う。
使えなかったなら、前回のバックアップに成功したデータまたは新規のデータからやりなおし。

日本語がわからない人のための短い説明。
Never use "Automatically fix file system errors" of the SCANDISK.
Never fix, even if the SCANDISK tells an error about "BM3〜.DAT".

beatmaniaIIIシリーズのFD管理に関する誤動作
システムデータファイル「BM3〜.DAT」は、ゲームをプレイして記録するたびに、その長さが変動する。
その長さが、前回のものより短くなってしまった時に、これから説明する誤動作が起こる。

(下記の予備知識・FDのデータ構成を読んで用語を把握してから読んでください。)

例えば、まず、前回のデータファイルが、ブロックBを「5→6→7→8→終」という5個の領域を使っていたとする。
新しくプレイした今回のデータファイルは短くなり、4個の領域で間に合うようになったとする。
この時、本来のFDの規則では、ブロックBを新しく「5→6→7→終」と書き換え、古いデータで使っていた最後の「終」を「不使用」に書き換えなければいけない。
しかし、beatmaniaIIIシリーズでは、「不使用」に書き換える作業をし忘れてしまう。

パソコンを使ってこのディスクを検査すると、どのファイルからも使われていないのに使用中マークが付いていて怪しい場所がある、と判定されてしまう。
検査ツールには大抵それを修復する機能がついているが、今回のケースでそれを使うと、とりあえず直前の「終」をその怪しい場所に繋いでおこう、という処理がおこなわれる。
パソコンのソフトのデータならば、対応するソフトで読み直し、その繋げたデータが必要ならそれでいいし、不要なら切り取って改めて正しくセーブすればよい。
beatmaniaIIIシリーズではそうはいかず、後ろに不要なデータがある改変データとなってしまい、もうゲームでは使えなくなってしまう。
上記の「Windowsの「ドライブのエラーチェック(スキャンディスク)」を使用する際の注意」は、このことを注意するように書いたものである。

予備知識・FDのデータ構成
大雑把に言うと、3種類のデータブロックが作られて、それらが連携されて使われる。
ブロックA・ファイル情報ブロック
ファイルの名前、作成日、長さ、参照するブロックB・Cの位置、書き込み可能などの属性、などが記録される。
ブロックB・ファイル連結ブロック
ブロックCの通し番号と対になっていて同じ個数ある。
新しくファイルを作る時に、対になるブロックCの領域を使ってもいいかどうかの情報が記録される。
ブロックCで、そのファイルに対応するデータが複数の場所にまたがって記録されている場合は、どこからどこにつながっているかの連結情報が記録される。
もう続きがない時は終了を表すものが記録される。
ブロックC・データブロック
データそのものが記録される。
決められた長さの単位で分割されて管理されていて、その位置には通し番号がつけてある。
ファイルの長さが、この領域の単位よりも長い場合は、複数の場所にまたがって記録される。

おまけ・WindowsNT,Windows2000,WindowsXPでIIIのFDのバックアップ
最初に断っておくが、これを実践してバックアップが成功できなくても、他にトラブルがおきても、謝罪や補償などいっさいするつもりはない。

FDのバックアップの説明で、
「IIIのFDのバックアップは、Windows95,Windows98,WindowsMe,MS-DOS以外でやると、改変データ扱いになってしまうので使えない」
としている。

WindowsNT,Windows2000,WindowsXPでは、ファイルを扱う際の情報に、Windows95にはなかった新しい項目が考案され採用されている。
(「作成日時」や、タイムスタンプの2秒より細かい時間など)
ユーザーが、ディスクをまるごとコピーしたつもりでも、自動的に新しい項目を追加してしまう。

それら新しい項目の追加を、レジストリを書き換えることで禁止することができる。
以下に、Windowsについて詳しいサイト「Windows.FAQ-ウィンドウズ処方箋」から、やりかたを転載した。
表題はこの件とは関係ないことだが、やることは同じ。
最後の「注」の行は非常に重要。繰り返すが、トラブルがおきても謝罪や補償などいっさいするつもりはない。
NTFS ドライブのパフォーマンスをあげるには?

ファイルやフォルダの最終アクセス時刻の記録や、8.3 形式の名前生成を停止することで、NTFS ドライブのパフォーマンスを向上させることができます。

[スタート]−[ファイル名を指定して実行] から regedit を起動します。
HKEY_LOCAL_MACHINE \System \CurrentControlSet \Control \FileSystem を開きます。
DWORD 値の NtfsDisableLastAccessUpdate を作成し、値のデータを 1 にセットします。
DWORD 値の NtfsDisable8dot3NameCreation を作成し、値のデータを 1 にセットします。

なお、Windows XP では、次のコマンドを実行することで、上のレジストリを変更できます。

[スタート]−[ファイル名を指定して実行] から cmd を起動します。
次のコマンドを実行します。
fsutil behavior set disablelastaccess 1
fsutil behavior set disable8dot3 1

注:Norton AntiVirus/Internet Security などに含まれる Live Update など、8.3 形式の名前生成が停止されていると正しく動作しなかったり、インストールできないアプリケーションがあります。
何度も繰り返すが、トラブルがおきても謝罪や補償などいっさいするつもりはない。実践する場合は自己責任でやること。
今の最新版は知らないが、自分がこのやりかたを知った当時、
『Nortonをインストール済みのWindows2000でこれをやったらOSが起動できなくなった』
という人がいたので、本当に注意。

(C) 2000-2017 KANIKANI