忍者くん阿修羅ノ章 スプライト残像機能

かにかにクラブ > 忍者くん阿修羅ノ章 > スプライト残像機能

忍者くん阿修羅ノ章が動作している基板には、スプライトを残像を描きながら動かすことができる機能が搭載されている。
単に古い像を残しておくだけでなく、逆に残っている像を型抜き状に消去させることもできる。
得に忍者くん阿修羅ノ章では、これらを効果的に応用してさまざまな演出をしている。
このページでは、具体的にどのような演出に使われているかを紹介する。

実際にゲームで見られる画像は、使用目的に応じてそれぞれに最適化された複数のスクリーンを重ね合わせたもの。
この中のスプライトスクリーンに、残像の処理が行われる。
バックグラウンドスクリーン
風景・壁・床・天井
など
主に背景を担当
スプライトスクリーン
主人公・敵・武器・アイテム
など
主にアニメーションするものを担当
フォアグラウンドスクリーン
点数・残り主人公数・残り時間・
装着武器・所持巻物・文字
など
主に情報の告知を担当

基板上のハードウェアの話になってしまうが、CPUが特定のポートに残像を残すか残さないかという指示をセットして、その通りに描画されている。

この残像を「バグ」(プログラム上の誤り)と誤解している発言を多数見かける。
これは、開発者は「かっこいい効果」として気に入って、複数のゲームで使用している、わざと仕込んだ「演出」である。
このことは開発者自身が明言をしていること。
主人公だけは消去機能を働かせるなんて芸当は、バグで偶然できあがる代物ではない。

シーンスタート
シーンがスタートする時、いったん画面が真っ黒になる。
それから、背景を覗き見できる窓枠のような四角形の穴が開き、それが画面全体に広がる。

始めの真っ黒の状態は、残像アリをセットして、ただ黒いだけのキャラクターを敷き詰めて塗りつぶしている。
穴が広がるのは、黒くて四角い枠線だけのスプライトを、型抜きで徐々に広げていくことで実現している。

穴よりも先に、アイテム・食べ物・半ナマズが表示されてしまうのは、たぶんバグ。

真っ黒に塗りつぶし
真っ黒なスプライトを
残像を残しつつ本体は除去

先に置いてあったぶどうは
除去していないので
再び描かれるから見えてしまう
主人公を起点にして
穴が開き始める
穴がどんどん広がる

もしも残像機能なしでは
こんな風に動作している

注意
これは説明のために作った捏造画像です
This is a concocted picture to describe.

シーンクリア
シーンをクリアすると、全てのキャラクターは停止する。
クリアのセリフをしゃべった後、主人公だけが消える。
消える時に主人公と他のキャラクターが重なっていた場合、主人公の型でくり抜いた状態になる。
型だけが残ることでさっきまでいた場所が強調されるので、いかにも、忍者が消えた! という感じが出ている。
その後、黒い領域が画面端から侵食してきて、画面全体が真っ黒になって終了する。

クリアのセリフをしゃべり終わったところで、残像アリをセットして、主人公だけ型抜きにして、全てのキャラクタのスプライト本体を除去している。
スプライトを除去しないと、シーンスタートで説明したぶどうと同じように、再び描画されてしまうので、主人公の型抜き効果が無駄になってしまう。

黒い領域が侵食してくるのは、黒くて四角い枠線だけのスプライトを、残像アリで徐々に縮めていくことで実現している。
シーンスタートの反対の動作である。

「やったーうきゃきゃ」
主人公が消えた

本当は他のキャラクターも
全て消えているが
残像だけが残っている
画面端から黒い領域が侵食してきた
黒い領域がどんどん侵食してくる

もしも残像機能なしでは
こんな風に動作している

注意
これは説明のために作った捏造画像です
This is a concocted picture to describe.

修行クリア
修行をクリアすると、それを告知する画面に切り替わる。
主人公からたくさんの色とりどりの線が放射状に伸びていく絵が描かれる。

使用されているスプライトは、線ではなくて玉。
残像アリをセットして、それを放射状に移動させている。

玉が残像を残しながら飛び去っていく

もしも残像機能なしでは
こんな風に動作している

注意
これは説明のために作った捏造画像です
This is a concocted picture to describe.

幻影シーン
シーン25と31では、主人公以外の全てのキャラクターが残像を残しながら動く。
主人公は逆に、残像を消去して歩ける。

このシーンでは終始、残像アリをセットしたままにしている。
主人公だけ、型抜き効果が働いている。

主人公以外の全てのキャラクターが
残像を残しながら動く
主人公だけは型抜き機能で
消しゴムのように残像を消して動く

拾われずに消えていった巻物も
残像として見える

(C) 2000-2018 KANIKANI