ナイトストライカー パイプ配置 (STAGE C)


かにかにクラブ > ナイトストライカー > パイプ配置 (STAGE C)

平行タイプのパイプ配置
画像の中の赤い数字はパイプの順番、青い数字はビルの順番、を表す。

平行タイプのパイプの高さは、4パターンに分類できる。
高い位置の順にアルファベットを割り振って説明する。
●高さA(07,13,15,19,21)
上へのスクロールが上限で止まるまで上昇してからレバーを放すと丁度いい高さになる。

●高さB(01,09,10,11,12,14)
下へのスクロールが下限で止まるまで下降している所から一気に上昇し、プレイヤー機が画面最上端に届いた瞬間にレバーを放すと丁度いい高さになる。
Aとの連携の場面(14)ではその方法は難しいので、横のビルの窓の色で覚える。

●高さC(05,17,20)
横のビルの窓の色で覚える。
(05に関して他所の記事で、04のパイプの継ぎ目を目印にするのをよく見かけるが、17と別々に覚えるのは二度手間なので、窓の色で覚えるのを推奨する)

●高さD(06,18)
横のビルの窓の色で覚える。


01(04)

高さB。
02(05)

03(07)

04(11)

05(15)

ここから3つ続けて、高さC,D,A、で覚える。
06(19)

07(23)

08(27)

09(43)

ここから7つ続けて、高さB,B,B,B,A,B,A、で覚える。
10(47)

11(51)

12(55)

13(60)

14(63)

15(64)

16(67)

17(68)

高さC。
先ほどの7つ続けて覚えたセットとさほど距離が無いので、ここまで続けて9つセット(8つ目はボーナス無し)で覚えるのも有り。
18(80)

ここは狙わない。
ここから4つ続けて、高さD,A,C,A、で覚える。
ただし、距離が近いのに高低差が広いので、高さAだけ狙う
19(81)

20(84)

ここは狙わない。
21(85)


© 2000-2023 KANIKANI