Microsoft Windows 俺用設定メモ

かにかにクラブ > がらくた置き場 > Microsoft Windows 俺用設定メモ

■Win98(SE)の必須アップデート
FDISK
 Fdisk で 64 GB を超えるハード ディスクのフル サイズが認識されない
  現象
   Fdisk.exe を使用して 64 GB (68,719,476,736 バイト) を超えるハード ディスクをパーティションに分割すると、
   Fdisk ではハード ディスクの正確なサイズが報告されません。
   Fdisk で報告されるサイズは、ハード ディスク全体のサイズから 64 GB を差し引いたものです。
   たとえば、物理ドライブのサイズが 70.3 GB (75,484,122,112 バイト) の場合、
   Fdisk からはドライブのサイズが 6.3 GB (6,764,579,840 バイト) であると報告されます。
  原因
   Fdisk ではドライブのサイズの計算時に内部で 16 ビットの値が使用されます。
   これらの変数には、ドライブ サイズが 64 GB 以上の場合にオーバーフローするものがあります。
  解決方法
   マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、
   修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、
   障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。
  注
   この修正プログラムは、48 ビットの Logical Block Addressing (LBA) ハード ディスクは対象にしておらず、
   137 GB を超えるハード ディスクではサポートされません。
  俺メモ
   とりあえず、パーセントで指定すれば、64 GB を超える大きさの領域を確保はできる。
SCANDISK
 32 GB を超える IDE ハード ディスクでスキャンディスクのエラーが発生する
  現象
   32 GB を超える IDE (Integrated Device Electronics) ハード ディスクで
   クラスタ スキャンを含む完全スキャンを実行するためにスキャンディスクのプロテクト モード (グラフィック) 版を使用すると、
   スキャンディスクでおよそ 967,393 以降のクラスタ番号のすべてのクラスタに対してエラーが報告されることがあります。
  原因
   この問題は、Phoenix BIOS と、大容量の IDE ハード ディスクのジオメトリを報告するための
   Phoenix BitShift 変換アルゴリズムが使用されているコンピュータで発生することがあります。
   このようなコンピュータでは、Windows プロテクト モード IDE ディスク ドライバ (Esdi_506.pdr)
   でドライブの変換モードが正しく認識されないことがあります。
   そのため、最初の 32 GB を超えるドライブの領域にアクセスできません。
   この問題は、BIOS で Phoenix BitShift 変換方式ではなく、
   LBA (Logical Block Addressing) Assist 変換方式が使用されている場合には発生しません。
  解決方法
   マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、
   修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、
   障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。
  俺メモ
   エラーが報告されると説明されているが、
   実際はパーティション情報が破壊され中のデータは全て失われる
(参考)FORMAT
 Format が 64 GB を超えるドライブのサイズを誤って表示する
  現象
   Format.com を使用して、サイズが 64 ギガバイト (64 GB、または 68,719,476,736 バイト) を超える
   パーティションまたは論理ドライブをフォーマットすると、
   Format.com は、フォーマット プロセスの最初でフォーマットされるドライブの正しい容量を報告しません。
   しかし、フォーマット プロセスが進むにつれ、ドライブ全体がフォーマットされて操作が完了すると、
   正しいフォーマット サイズが表示されます。
   この問題は、Windows エクスプローラからドライブをフォーマットする場合には起こりません。
  原因
   Format.com はいくつかの 16 ビット値を内部的に使用して、最初に表示するドライブのサイズを計算しています。
   これらの変数のいくつかがドライブのサイズが 64 GB 以上の場合にオーバーフローします。
  解決方法
   これは表示 (または表面) 上だけの問題で、ドライブは正しくフォーマットされます。

■ファイル右クリックメニューにアプリケーションを追加する
レジストリ
 HKEY_CLASSES_ROOT\*
追加レジストリ
 HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell
  値不要
 HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\kani00 (kani00の部分は任意)
  値の名前
   (なし)
  値のデータ
   Deacesで開く (メニューに表示させる任意の文字列)
 HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\kani00\command (上記の下層にcommand)
  値の名前
   (なし)
  値のデータ
   C:\Program files\edit\edit.exe "%1" (実行するアプリケーション)

■フォルダ右クリックメニューにコマンドプロンプトを追加する
レジストリ
 HKEY_CLASSES_ROOT\Folder
追加レジストリ
 HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shell
  値不要
 HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shell\kani00 (kani00の部分は任意)
  値の名前
   (なし)
  値のデータ
   コマンドプロンプト (メニューに表示させる任意の文字列)
 HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shell\kani00\command (上記の下層にcommand)
  値の名前
   (なし)
  値のデータ
   command.com /K cd "%1" (95,98,ME)
   cmd.exe (NT,2000,XP)

■自動挿入直後の自動再生を禁止する
レジストリ
 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
  値の名前
   NoDriveTypeAutoRun
  値のデータ(初期値)
   95 00 00 00 (95,98,ME)
   0x00000095 (NT,2000)
   0x00000091 (XP)
  値のデータ(変更値)
   BD 00 00 00 (95,98,ME)
   0x000000BD (NT,2000,XP)
BDの意味
 BD(16進数) = 10111101(2進数)
  bit7 = 1固定
  bit6 = 0固定
  bit5 = 工学ディスクドライブ(CD/DVD)自動再生可否 0:可 1:否
  bit4 = ネットワークドライブ自動再生可否 0:可 1:否
  bit3 = 固定ディスクドライブ(HD)自動再生可否 0:可 1:否
  bit2 = 着脱ディスクドライブ(FD/MO)自動再生可否 0:可 1:否
  bit1 = 0固定
  bit0 = 1固定

■共有名を直接入力しないと見えない共有フォルダを作る
名前の最後に「$」を付ける

(C) 2000-2017 KANIKANI