THE IDOLM@STER ゲームの流れ

プロデューサー育成の流れ
アイドルユニット育成の流れ
毎週の活動の流れ

かにかにクラブ > THE IDOLM@STER > ゲームの流れ

プロデューサー育成の流れ
プレイヤーは、アイドルのプロデューサーとなり、アイドルユニットを育てていくことで、プロデューサー自身も育てていく。
アイドルユニットがどれだけ人気が出たのかと、ユニットメンバーにどれだけ信頼されていたのかによって、解散の時にプロデューサーランクがアップダウンする。
それを繰り返して、トップアイドルの育成と、プロデューサーの最高位の称号「アイドルマスター」をめざす
「アイドルマスター」になった後でも、そのまま継続して新たにユニットを結成し、ひたすらトップアイドルの育成をめざすことも可能。
プロデューサー業 開始まず
プロデューサーデビューと同時に
アイドルユニットデビュー
第1ユニット育成結成
活動
解散
プロデューサーランク アップダウン
第nユニット育成結成この部分をひたすら繰り返す
複数ユニット同時進行も可能
n は 2〜∞
活動
解散
プロデューサーランク アップダウン

アイドルユニット育成の流れ
アイドルユニットは、レッスンを繰り返して能力を伸ばしていき、オーディションで勝ち抜くのを繰り返すことで人気を高めていく。
人気は、獲得ファン数によって判断が下される。
あらかじめ決められた期日内に、あらかじめ決められた数以上のファンを得られなければ、そのユニットは活動停止となり、解散する。
この限られた期間内に、どれだけ獲得ファン数を得られるかを、他のプロデューサーと競い合う
従来のビデオゲームに例えると
 めざせアイドルマスター! = めざせ全面クリア!
 めざせトップアイドル! = めざせハイスコア!
といったところか。
アイドルユニット結成 
毎週の活動(レッスン or オーディション or 休み)この部分をひたすら繰り返す
規定ファン数 達成規定ファン数 未達成
アイドルランク アップアイドルランク そのまま
残期日 延長残期日あり残期日なし
次の週へ続く
 解散 

毎週の活動の流れ
ゲーム内では、「週」という単位で時間が管理されているが、プレイしてみると、1週は朝から夜まで通して1回分しかない。
それじゃ1週じゃなくて1日だろ!、と思うかもしれないが、気にしない。
基本的に、1クレジットで1週の活動をする。
例外で、『休む』と『ドタキャン発生!』はクレジットは消費しない。
 ドタキャン発生!
(テンション低で
運が悪ければ発生する)
『おはよう』『おっはよっ』など
3種のあいさつ
『休む』
(『休まない』から来た場合は出現しない)
イメージダウン

ファン数減少

クレジットを
消費せずに
翌週の朝へ
今日の流行情報(前週は休んでいない場合)(前週は休んでいた場合)
『曲を新しくする』
(3曲目リリース後は
出現しない)
『衣装を新しくする』『このまま』
 
『オーディション』『レッスン』『休む』『休まない』『解散させる』『解散させない』
午前レッスンクレジットを
消費せずに
翌週の朝へ
その週の
最初へ戻る
クレジットを
消費せずに
翌週の朝へ

更に
解散
クレジットを
消費せずに
翌週の朝へ
午後オーディションコミュニケーション
(テンション低で
運が悪ければ出現しない)
夕方テレビ放送
(オーディションに
合格すれば放送する)
ボーナスレッスン
(運が良ければ出現する)
アイドルランク報告
ファンからのプレゼント

(C) 2000-2018 KANIKANI