THE IDOLM@STER コミュニケーション

コミュニケーション
コミュニケーションキャンセル
パーフェクトコミュニケーションの為の正解

かにかにクラブ > THE IDOLM@STER > コミュニケーション

コミュニケーション
レッスンをする週では、午前のレッスンの次にコミュニケーションをする流れになる。
 (例外あり→コミュニケーションキャンセル)

コミュニケーションでは、ユニットメンバーの中の一人と会話をする。
会話の内容は、主に仕事のこと。

最初に、どの仕事をするかを選ぶパネルが3枚現れる。

次に、もしもユニットがソロ以外ならば、メンバーの中の誰と会話するかを選ぶパネルが人数分現れる。
ただし、活動第一週は、最初のメンバー選択で一番左にした人物(普通なら「1st member」)、
ランクアップ直後第一週は、コミュニケーションで会話した回数がそこまでで一番多い人物(同着一位の場合は抽選)、
に決まっていて、誰と会話するかを選ぶパネルは現れない。

会話の途中で時々、プロデューサーの行動を待つ場面になる。
プロデューサーの行動の入力には、2つのタイプがある。
1つは、プロデューサーの行動またはセリフのパネルが複数枚現れて、その中の一枚を選ぶ。
もう1つは、「画面をタッチして下さい」と表示されて、場所を指したり、突く・擦るなどで行動を示したりする。

プロデューサーの行動によって会話の流れが変化し、その会話の結果、そのメンバーのテンションと思い出が増減する。

また、ユニット解散の時に発表される「女の子からの評価」にも大きな影響を与えている。

コミュニケーションキャンセル
午前のレッスンが終わった次は、通常ならコミュニケーションだが、たまにそれがキャンセルになることがある。

ユニットメンバーに一人でもテンション低がいる場合に、「これでは仕事にならない」ということでコミュニケーションをキャンセルし、代わりにレッスンをすることになる。
テンション低がいれば確実にキャンセルするというわけではなく、キャンセルするかしないかの抽選がプログラム内部で行われ、その抽選結果によってキャンセルする。
テンション低がいなければキャンセルすることはない。

コミュニケーションキャンセルによるレッスンの次に、午後のボーナスレッスンは発生しない。

パーフェクトコミュニケーションの為の正解
会話内容のネタバレを含むので、別ページに分けて掲載する。

 パーフェクトコミュニケーションの為の正解・専用ページ


(C) 2000-2018 KANIKANI